妊活をサポートしてくれるベジママ

多くの妊活サプリは、不妊の原因に効果があるというよりは、妊娠しやすい体を作ることが目的なようです。当然ベジママにも妊娠しやすくするような成分は入っていますが、不妊の原因に働く成分も入っているのです。そんなベジママご紹介していきます。

ピニトールってどんな効果がある?

ベジママの売りともいえるピニトールは、生活習慣病に悩んでいる人に利用されている成分です。妊娠を考えるうえでふさわしい体作りのほか、それ以外の健康サポートも行ってくれます。
このピニトールですが、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に効果があると言われています。

PCOSになると、排卵に支障をきたし、不妊の原因の20%を占めるのだそうです。
インスリン抵抗性があり、血糖値が高くなることがPCOSの原因の1つになっています。
ピニトールは植物性インスリン様物質とも言われ、体内でインスリンと同じ働きをして、血糖値を下げてくれますから、PCOSに良いと言われているんですね。

おすすめの妊活サプリの口コミはこちら

ピニトール以外の成分

ベジママの成分はピニトールだけではありません。
還元作用があるビタミンC、亜鉛・カリウム・マンガンと言った豊富なミネラルを含むルイボス、女性にとって大切なビタミンE、それから妊活中の女性に厚生労働省が摂取するように促している葉酸。
それから、葉酸と相性が良いビタミンB12等多くの成分が入っています。

妊活に良いと有名な、マカやタンポポエキスは入っていませんが、逆に言うと他のサプリとは違うという事です。つまり、今までの妊活サプリが期待する効果が得られなかった人にも、効果が得られる可能性があるわけです。

ピニトールが配合されているので値段は妥当かも

通常価格で5500円のベジママですが、定期購入で4680円になります。
また、先着500名に限り、初回半額の2750円のキャンペーンをやっていることもありますから、キャンペーンを狙ってみるのもいいでしょう。
初回特典がない定期購入で半年続けた場合の値段は、28080円+税となりますから、高いわけでもないですが、安いとも言い難いです。

しかし、ピニトールが入っているサプリは珍しいですから、値段的には妥当と言ってもいいかもしれませんね。
ベジママという商品名で、女性しか使ってはいけないような感じもしますが、男性が使用するのも問題ないです。
夫婦でそろって使ったとしても、月額1万円程度になりますから、2人で使ってみるのも良いのではないでしょうか。

生活習慣病が気になる人も

単なる妊活サプリとしてだけではなく、生活習慣病にも効果がありますから、健康維持・増進のためにも使ってみてはどうでしょうか。

おすすめの妊活サプリ比較に戻る

関連記事

    None Found