Pocket


気を付けるポイントを知った男性

体の構造が違う以上男性には男性の、女性には女性の事情があります。
それは妊活でも同じことで、
男性だからこそ気を付けておきたい事もあるのです。

下半身を締め付ける服装は体内の精子に悪影響?

意外と思われるかもしれませんが、男性にとって下半身を締め付ける服装は良くありません。
例えばブリーフやボクサーパンツ、ぴっちりとしたジーパンなどの締め付ける物を履くと精子を作る睾丸に変な力が加わるので、良いわけがありません。

それに血流も悪くなり、栄養を上手く精巣に送ることが出来ない事にもなります。

また気を付けたいのが、ズボンのポケットですね。

ものをたくさん入れれば、同じように圧迫される恐れがありますし、携帯電話を入れているとその電磁波にさらされることになります。
実際、電磁波が精子の質を落とすという研究結果も、あるのだそうです。

おすすめの妊活サプリランキングはこちら

妊活中のタバコや過度なアルコールは控えて

健康の天敵のように扱われるタバコは、やはり妊活にもふさわしくありません。
タバコのニコチンは血流を悪くしてしまい、血流が悪くなると勃起障害にもなりかねません。
それに、タバコを吸うことで生まれる活性酸素は、精子の質を落としてしまいます。

お酒はタバコほど、神経質になる必要はなく、適度であれば問題ないとされます。
しかし、アルコールを摂取すると、奇形精子や勃起力の低下、精子の運動率の低下を招くのだそうです。
付き合いで飲む機会が多い人もいるかもしれませんが、飲酒は最低限で済むように対策を立てておくと良いでしょう。

男性の精巣は高温が天敵!

睾丸は冷やした方が良い、と言う話は聞いたことがあるかもしれませんね。
日本人の体温は大体36度台ですが、精巣の機能を保つには35度前後が理想だとされています。
精巣の機能が働かなければ、精子は作られず、妊娠にも至りません。

そのため好きだという人も多いと思いますが、熱いお風呂やサウナは、妊活中には控えておくようにしてください。
それから気を付けておきたいのが、ノートパソコンを膝の上において使うことです。

パソコンの熱に加えて電磁波も出ますので、使うときにはテーブルや机において使いましょう。

まずは出来るところから

いきなり禁酒や禁煙をするのは、難しいかもしれません。仕事上仕方なく飲酒と言うのもあるでしょう。ですが、出来る事もあるはずですから、小さなことでもやってみるようにしてください。

すぐできる男性妊活とは!?


妊活に悩む男性

妊活は女性だけのものではないといっても、男性は何をしていいのかもわからないという事ないでしょうか。
ゆっくり男性の妊活について調べている暇もない人のために、すぐにできる男性の妊活の方法について、まとめてみました。

まずは食事の習慣を見直す

妊活と言っても別に難しい事をするわけではありません。基本的には、健康な体作りをしておけばいいのです。
そのため、第一に健康の基本となる食生活を見直してみましょう。

日々の食事が体を作るという事は、当然子供の元となる精子も同様です。

男性が自由にできる食事と言うと、昼食くらいになるかもしれませんが、脂っこいものばかりを食べていたり、偏った食事をしたりしてはいけません。
男性が摂取しておきたい栄養素は、タンパク質、精子形成にかかわる亜鉛、精子の老化や染色体異常を防ぐビタミン類ですね。
普段の食事を見返してみて、足りないと感じるところはサプリメントで摂るものもいいでしょう。

妊活を初めて、奥さんが朝晩の食事の栄養バランスを考えてくれている中、昼食にがっつり油ものばかりを食べて、台無しにすることだけは避けましょう。

適度な運動を心がける

デスクワークだという人も多く、運動不足の人も多いでしょう。
運動不足や疲労がたまると血流が悪くなります。
このような状態のままにしておくと精巣の血流も低下し、精子を作り出す機能にも悪影響を及ぼすのです。
そのため適度な運動で、運動不足とストレスを解消できれば、妊娠の可能性を高めることが出来るでしょう。

男性の場合、筋肉を鍛えることで、男性ホルモンの分泌を増やすこともできますから、筋トレもおすすめです。
ただし、激しい運動をすると今度は活性酸素が体に溜まり、細胞を傷つけてしまいます。
過ぎたるは猶及ばざるが如しと言う言葉もあるように、「適度」を意識して運動してください。

まずは日常の中で、歩く距離を少し増やしてみるところから始めてみるといいでしょう。

病院で検査をする

残念ながら、どれだけ健康に良いと言われる生活をしても、効果が出ない可能性はあります。
夫婦揃って身体には気を遣っているのに子供が出来ないというときには、変に考えすぎる前に病院で検査してみてください。
例え自然妊娠が無理だと言われたとしても、病院ならば妊娠できる可能性はあります。

それに子供を妊娠する確率は、健康であっても3割無いと言われていますから、運が悪かっただけという事もあり得ます。
異常がなかったとしても、病院で診察してもらえれば、安心材料になるでしょう。

男性も積極的になることが大切

男性の妊活には、妊娠できるようにと言うものに加えて、女性ばかりに負担をかけないという意味合いもあります。夫婦仲を維持するためにも、男性も積極的になりましょう。

おすすめの妊活サプリを見る

関連記事

    None Found