気を付けるポイントを知った男性

男女平等が言われていますが、体の構造が違う以上、全く同じにはなれません。
男性には男性の、女性には女性の事情があります。それは妊活でも同じことです。
男性だからこそ気を付けておきたい事もあるのです。

下半身を締め付ける服装は体内の精子に悪影響?

何を馬鹿なことを、と思われる人もいるかもしれませんが、男性にとって下半身を締め付ける服装は良くありません。
例えばブリーフやボクサーパンツ、ぴっちりとしたジーパンなどですね。
こういったものを履くと、睾丸が圧迫されます。精子を作るところに変な力が加わっていますから、良いわけがありません。

それに、血流も悪くなりますから、栄養を上手く精巣に送ることが出来ない事にもなります。それは当然、精子を作る事にも影響するでしょう。
また、気を付けたいのが、ズボンのポケットですね。

ものをたくさん入れれば、同じように圧迫される恐れがありますし、携帯電話を入れているとその電磁波にさらされることになります。
実際、電磁波が精子の質を落とすという研究結果も、あるのだそうです。

おすすめの妊活サプリランキングはこちら

妊活中のタバコや過度なアルコールは控えて

健康の天敵のように扱われるタバコは、やはり妊活にもふさわしくありません。
タバコのニコチンは、血流を悪くしてしまいます。先ほどは、栄養の話をしましたが、血流が悪くなると、勃起障害にもなりかねません。
それに、タバコを吸うことで生まれる活性酸素は、精子の質を落としてしまいます。

お酒はタバコほど、神経質になる必要はなく、適度であれば問題ないとされます。
しかし、アルコールを摂取すると、奇形精子や勃起力の低下、精子の運動率の低下を招くのだそうです。
付き合いで飲む機会が多い人もいるかもしれませんが、飲酒は最低限で済むように対策を立てておくと良いでしょう。

男性の精巣は高温が天敵!

睾丸は冷やした方が良い、と言う話は聞いたことがあるかもしれませんね。
日本人の体温は大体36度台ですが、精巣の機能を保つには35度前後が理想だとされています。
精巣の機能が働かなければ、精子は作られず、妊娠にも至りません。

そのため好きだという人も多いと思いますが、熱いお風呂やサウナは、妊活中には控えておくようにしてください。
それから、気を付けておきたいのが、ノートパソコンです。
膝の上において使うという人も、少なくはないのではないでしょうか。

パソコンの熱に加えて、電磁波も出ますので、使うときにはテーブルや机において使いましょう。

まずは出来るところから

いきなり禁酒や禁煙をするのは、難しいかもしれません。仕事上仕方なく飲酒と言うのもあるでしょう。ですが、出来る事もあるはずですから、小さなことでもやってみるようにしてください。

おすすめの妊活サプリを見る

関連記事

    None Found