不妊の原因について疑問がある女性

何事にも原因と結果があるように、不妊にも原因があります。
しかし、不妊の原因は何かと言われて、すぐに何か思い浮かぶ人がどれくらいいるでしょうか。
全く見当もつかなかったという人は、ぜひ目を通していってください。

排卵障害・卵管障害の原因とは?

排卵障害とは、自力では排卵がしにくい状態を指しますが、それがどうしてなのか細かく見ていきましょう。
年齢や血液不順が原因となると考えられているのが、卵巣機能の低下です。
男性ホルモンが多いと、多嚢胞性卵巣症候群である可能性があります。

高プロラクチンによる、濫觴障害も排卵障害に繋がります。と言うのもプロラクチンと言うホルモンが、排卵を抑制するからです。授乳期に高くなるホルモンですが、それ以外で高いと不妊という事になります。
それから卵管障害ですが、その原因の1つが性器クラミジア感染です。

感染したことが原因で、卵管が閉鎖したり、癒着したりしてしまいます。

子宮着床障害について

人の妊娠は難しく、受精したらめでたく妊娠と言うわけではありません。
着床しなければ、妊娠にはならないのです。この着床するかどうかの確率は、何の問題がなくても25%以下になると言われています。
つまり健康であっても、妊娠する確率は4分の1以下です。

そのため、運が悪ければ夫婦ともに問題がなくても、何年も妊娠できません。
着床のメカニズムはよくわかっていませんが、着床の確率を下げる原因としてあげられるものの1つが黄体機能不全です。
子宮内膜を厚くして、妊娠に備える黄体ホルモンが不十分である状態で、運動不足や冷えが原因だと言われています。

また子宮筋腫と呼ばれる、良性の腫瘍が着床を妨げることもありますし、子宮奇形で上手く着床できないという人もいます。
子宮筋腫や子宮奇形だと絶対に妊娠できないというわけではありませんので、心配はしなくても大丈夫です。

原因が不明の不妊

不妊の実に3分の1が原因不明だと言われています。
ただし原因不明とは、原因がわからず手の施しようがないというわけではなく、体内で受精できないか、卵子・精子の力が低下していることが原因です。
前者の場合には、人工授精などを行うことになります。

後者の場合、その主な原因は加齢です。女性だと37~44歳ほどで生殖機能がなくなりますから、それまでに何とか妊娠する必要があります。
現状、力を失くした精子や卵子をどうにかできる治療はありません。

病院に行くしかない原因もある

運動不足や冷えなどは、個人で解消できますが、中には病院で治療を受けるしかないものもあります。
年齢も不妊にかかわる以上、早めに病院に行くことが大事です。