不妊治療に掛かる費用についての画像

不妊治療に踏み切ろうと考えているカップリは、少なくないでしょう。年齢とともに妊娠する確率は下がりますから、初婚年齢が高くなっている現代、以前よりも不妊に悩んでいる人は多いです。しかし、そこでネックとなるのが、治療費ではないでしょうか。

半数以上が100万円以上の費用を費やしている!?

不妊治療はいくつかの段階があり、どこで妊娠できたかによって総額が大きく変わってきます。
そのため、人によって大きく金額が異なるのですが、不妊治療を受けているカップルの半数以上が、100万円以上の治療費を費やしているというアンケート結果もあります。
中には1千万円以上使っても妊娠できなかったという話もありますし、それなりの覚悟をもって治療を始めた方がよさそうです。

なぜ不妊治療がここまで高額になるかですが、まず治療が長期にわたる事と、内容によっては高度医療になり保険適用外になるからだといいます。

不妊治療の大まかな値段

不妊治療で保険が適用されるのは「タイミング法」と「排卵誘発」です。
タイミング法は排卵日予測し、性行為を排卵日前にするように指導するもので、3000~8000円、排卵を誘発する排卵誘発剤が3000円程度になります。
これ以降は保険適用外の話で、精子を人為的に子宮に入れる「人工授精」が15000~30000円と前2つよりも、それなりに高くなります。

ですが、本当に値段が上がるのはここからで、体の外で受精させ子宮に戻す体外受精が20~50万円程度、顕微鏡を使って卵子に直接精子を入れる顕微授精が25~60万円程になります。
値段にばらつきがあるのは、病院によって金額が大きく変わってくるからですね。
体外受精や顕微授精は、高いと2回の治療で100万を超えますから、多くのカップルが不妊治療で100万円をこえているというのは、不思議ではなさそうです。

タイミング法 3000~8000円程
排卵誘発(剤) 3000円程
人工授精 15000~30000円程
体外受精 20~50万円程
顕微授精 25~60万円程

少しでも安い費用にならないのか

不妊治療には助成金が存在しますから、いくらか負担を減らすことが出来ます。
ただし誰にでも適用されるわけではありません。
まず、戸籍上の夫婦である必要があります。それから、体外受精と顕微授精のみでしか適用されず、この他の方法では妊娠の見込みがない・可能性がかなり低いと診断されないといけません。

最後に夫婦の所得合計が730万円未満であれば、助成を受けることが出来ます。
平成28年から少しルールが変わり、初回上限30万円、2回目以降は15万円をうけとることができます。

1度休止するというのも選択肢

不妊治療は、経済的きつくなることもあると思いますが、諦めてしまうのではなく、1度休んでみることも考えてみてください。