Pocket


不妊の検査をする医者

どうしても妊活が上手く行かない時、不妊検査をしてもらうことになります。
病院に行くのを躊躇う人もいるかもしれませんが、単純にどこに行ってどうしたらいいのかわからないという人もいるでしょう。
そこで、不妊検査について簡単にご紹介します。

どの病院で検査をしてもらえるのか

女性なら産婦人科か、不妊専門の病院ですから、あまり迷うこともないでしょう。
この2つの違いですが、気持ち的にとりあえず検査してみようと思えば産婦人科、不妊かもしれないと疑わしい時には専門病院と言った感じです。
設備的にも専門病院の方が整っていますし、検査で治療が必要だとわかれば、スムーズに話が進みます。

男性の場合は奥さんと一緒に産婦人科に行くか、泌尿器科に行くかのどちらかになります。
産婦人科の場合、男性1人だと受け付けてくれないこともあり、1人で検査するか夫婦で検査するかでいく病院を決めたらいいでしょう。

おすすめの妊活サプリ比較に戻る

女性の検査について

女性は男性に比べて、検査の数が沢山あります。
基本検査と呼ばれるものを挙げてみると、まず「音波検査」は膣内にプローブと言う器具を入れて、子宮や卵巣をモニターで確認します。子宮筋腫の有無や、子宮内膜の厚さなどをチェックするのだそうです。

血液を採取して行う「ホルモン検査」では、排卵障害の原因や黄体機能不全などを調べます。
子宮口からカテーテルを入れてX線写真を撮り、卵管のつまりなどを見るのが「子宮卵管造影検査」です。
また性交後の子宮頸管粘液を採取して、精子が頸管内に入っているのか良い状態の精子があるのかを調べる「フーナーテスト」などがあります。

女性の場合、時期により検査できるものと出来ないものがあり、全ての検査を終えるまでに1か月かかるとも言われていますから、時間を行うときには時間を上手く見つけて検査してもらいましょう。
基本検査で異常があれば、精密検査を受けることになります。

男性の検査についてと検査にかかる費用

男性は精液検査を受けることになります。
採取した精液を顕微鏡で観察して、精子の数や動き、どれくらい奇形があるかなどを数えます。女性と同じように、異常があれば精密検査に移ります。

検査の料金ですが、女性だと保険が適応されるものと適応されないものがあり、行った病院や検査の種類で金額が変わりますが、1検査で数千円から1万円程です。
男性だと精液検査で高くて1万円くらいになります。

妊活が上手くいかない時には病院で検査をしてみては?

病院に抵抗がある人もいるとは思いますが、早く治療を始めないと、今度は年齢で妊娠がしづらくなります。不妊かなと思ったら迷わず病院に行きましょう。

不妊治療ってどんな治療をするの?


不妊治療の治療法を伝える医者

妊活をしていて絶対に成果が出ると良いのですが、なかなか上手くいかないこともあります。そういう時には、病院に行って検査をしてもらうでしょう。
その検査で、もしも生殖機能に問題があれば、不妊治療を行うことになりますが、不妊治療についてあまり知らないという人も多いのではないでしょうか。

ステップその1 タイミング法

不妊治療にはいくつかの段階があり、治療が上手くいかなければ次の段階に行くという流れが一般的です。
ただし、高齢妊娠になる場合など、段階を飛ばして治療をすることもあります。
最初の段階とて言われるのが、「タイミング法」です。

タイミング法とは、基礎体温を記録し排卵予定日を把握して、妊娠しやすいタイミングで性交を行うことになります。
基礎体温の記録や、排卵予定日の予測は個人でもできなくはないですから、わざわざ病院でと思われる方もいるかもしれませんが、基礎体温の計り方と見方医師の指導があった方がより確実です。

おすすめの妊活サプリ比較に戻る

ステップその2 排卵誘発、人工授精

半年程度タイミング法を試して駄目だった場合、排卵誘発を行います。
タイミング法と違う部分は、排卵日を予測して行うのではなく、排卵誘発剤を用いて人為的に排卵を起こすところです。
とはいっても、ここまでは通常の妊娠と大きく違うところも少ないといえるでしょう。

排卵誘発でも駄目だった場合、次に行うのが人工授精です。
ここから人の手を借りての妊娠になります。
人工授精と聞いて大掛かりなものを想像する人もいるかと思いますが、人の手を使う物では最も自然妊娠に近く男性の精液を人の手で女性の子宮内に注入する方法です。

卵子を採取して、試験管で……と言った段階はまだ先になります。

ステップその3 体外受精、顕微受精

この段階までくると、想像している不妊治療になるかもしれませんね。
体外受精は、男女から精子と卵子をそれぞれ取り出して、体の外で受精させてから、子宮に戻します。
子宮に精子を注入してからは、精子任せだった人工授精とは違い、体外受精は卵子の精子を振りかけますから、より受精しやすいといえるでしょう。

顕微授精は体外受精の1つで、精子も卵子も採取します。
体外受精との違いは、精子を振りかけるのではなく、人為的に卵子の中に入れてしまうことです。
その時に、顕微鏡を使うから、顕微授精と呼ばれています。

不妊かなと思ったら病院に相談して

自分は不妊ではないと思うのは簡単ですが、妊娠できないまま何年も経ってしまうと年齢による不妊に繋がります。
本当に子供が欲しいと思っているのであれば、早め早めの行動を心がけましょう。

おすすめの妊活サプリを見る

関連記事

    None Found