妊娠中に話し合う夫婦

1人目の子供を妊娠したら、それはもうはじめての連続です。嬉しい反面、やることが沢山出てきて、夫婦ですれ違ってしまうという事もあるかもしれません。
ですから大変な時こそ、夫婦での話し合いが大切になるのです。これから2人で子育てをしていくのに、独りよがりになってはいけませんよね。

出産場所と立ち合いについて

お腹を痛めて子供を産む場所は、自分の望む場所が良いという女性は多いのではないでしょうか。しかし夫が勝手に決めてしまうという事も、少なくないようです。
そのせいで、夫婦の関係が崩れるというか、妻の気持ちが冷めてしまったという話はよく耳にします。

逆に夫が全く関心を持たないというのも、考えものです。
そうならないためにも、出産場所に着いては夫婦でしっかり話し合ってください。
お互い事情はあると思いますが、実際にお腹を痛めて産む妻の意見に沿うようにしたいところです。

また立ち合いについてですが、できれば立ち会った方が妻は安心できます。
しかし、どうしても血を見たくないという男性もいますから、そのあたりも夫婦間の話し合いです。
無理に立ち会ったせいで、そのあとセックスレスになったという話もあります。

おすすめの妊活サプリ比較に戻る

育休に関するタイミングは話合っておく

共働きの場合、妻が育休を取るタイミングは話し合っておきましょう。
育休に入れば、当然世帯収入が減ることになりますから、いつからだったら経済的に無理なくやっていけるかは考えておくべきです。
ただし、早い段階で仕事を離れた方が、妊婦側としては安心な部分もあります。

経済面、健康面、それから精神面等、1つの視点からだけではなく、様々な面から見て、育休をどうするかを決めるようにしましょう。
間違えても、片方の意見を押し付けてはいけません。

産後について

生まれたこの名前はもちろん、子育てはどうしたらいいのかなどは、しっかり夫婦で話し合いましょう。
子育てに関する知識は、どちらかだけではなく、2人ともが持つようにしてください。
それから、産後のお見舞いについてです。

子供が生まれた後、夫が暴走し出産当日に親せきを呼び寄せるという事が実際にあります。
ですが、夫の親せきは妻にとって気を使うべき相手です。
出産で大変だったのに、さらに気を遣わなければいけないというのは、とても負担になります。
そうならないために、最初から出産後のお見舞いをどうしてもらうか、決めておいた方がトラブルなくいけるでしょう。

生活が大きく変化するので話し合うことはたくさん

妊娠・出産をしたら、生活が一変するため話し合うことはたくさんでてきます。
その時に、まず大事にするべきなのは、お互いの両親・兄弟ではなく、自分たち夫婦と生まれてくる子供だという事は頭に入れておいてください。

おすすめの妊活サプリランキングはこちら

関連記事

    None Found