妊娠とホルモンに関係に関する画像

妊活をしていると、「ホルモンバランスを整えるのが大事だ」とか「ホルモンバランスを整える成分を」と言った文句をよく見かけます。
しかし、ホルモンと妊娠にはどういった関係があるか、ご存知ですか。
知らない日と言う人もいるかと思いますので、軽く調べてみました。

女性ホルモンは妊娠しやすい体を作る

まず女性ホルモンですが、卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンの2種類があります。エストロゲンは女性らしさを作るホルモンで、美容ホルモンとしても有名ではないでしょうか。
美容以外にも、卵胞の成熟に関わります。

プロゲステロンは、美容に悪いとされ忌避されることもありますが、子宮内膜を厚くして着床しやするのに加えて、妊娠を維持する効果もあります。
排卵の前がエストロゲン、排卵後がプロゲステロンがそれぞれ優位になると覚えておくと良いでしょう。
エストロゲンが優位である間に相手を見つけて、プロゲステロンが優位になると妊娠体制に体が変わっていくといった感じになります。

おすすめの妊活サプリランキングはこちら

ホルモンバランスが乱れるとどんな変化が起こるのか

ホルモンバランスが乱れるという事は、それぞれ優位である時間に変化が生じるという事です。
もしもエストロゲンが優位である時間が短くなれば、卵胞が十分に成熟できずに、排卵が行われない可能性が出てきますし、プロゲステロンが優位の時間が短くなれば着床に関わってきます。

受精しても着床しなければ妊娠はしませんから、エストロゲンもプロゲステロンもバランスよく分泌されることが、妊娠には大事になります。
また、ホルモンバランスが乱れると、月経不順にもなり排卵日を割り出すのが難しくなるというデメリットもあります。

男性の場合のホルモンの働き

男性ホルモンのテストステロンは、男性らしい体作りに必要なものです。
妊活的に考えると、精力に関わります。テストステロンが少ないと、精力減退を招いて、勃起障害を引き起こし、性交渉自体が出来なくなる可能性もあります。

テストステロンを増やしたいという場合には、筋トレをするのが良いとされていますので、時間を見つけてやってみるのはどうでしょうか。
妊活だけではなく、テストステロンは自信にもつながるホルモンですから、生活自体の向上を図ることもできます。

妊活中はホルモンにも気を配って

特に女性の場合、性ホルモンと妊娠には大きなつながりがあります。
しかし、最近はストレスの溜まりやすい社会で、ホルモンバランスが崩れやすいと言われています。
そのため、意識的にホルモンバランスを整えるように生活したいですね。

おすすめの妊活サプリ比較に戻る

関連記事

    None Found