妊娠週数を数える画像

妊娠○○週と言うのを、妊娠数週と言います。当然妊娠してからどれくらいなのかを数えるためのものですが、いつ妊娠したのかをはっきり自覚できる人はいませんよね。
では、妊娠数週はどのように数えるのか、調べてみましたので参考にしてみてください。

妊娠数週とはどんな基準?

まず妊娠は期間がどれくらいなのかをご存知でしょうか。十月十日とも言ったりしますが、現在は280日±15日程度だと言われています。
WHOの基準では、妊娠期間は280日になっていますね。

妊娠数週とは、1週間を7日として、1か月を4週としています。
それが10か月間続くというのが、妊娠期間の考え方です。
つまり妊娠数週において、1か月は7×4=28日、10か月で28×10=280日となり、妊娠期間と同じになるわけです。

具体的な数え方ですが、最終月経開始日を妊娠0週0日目と数えて、妊娠0週~3週までを妊娠1か月目、4週0日~が妊娠2か月目になります。
以降は4週ごとに1か月と数えていきます。
月経周期などにより、左右されますが、妊娠2週目が排卵日となり、3週で妊娠が成立するようです。

妊娠○○期とはどのような時期のことを言うのか

妊娠には「初期」「中期」「後期」がありますが、それぞれ妊娠何週(何か月)を指しているか知っていますか。
妊娠初期は妊娠4週~15週の事で、月に直すと妊娠2~4か月に当たります。
妊娠中期は妊娠16週~27週で妊娠5~7か月、妊娠後期は28週~39週を指していて妊娠8~10か月になります。

安定期と言う言葉を聞いたことがあると思いますが、一般に安定期に当たるのは妊娠5か月に入った時期になります。
つまり妊娠中期≒安定期くらいの認識でいいでしょう。

月経周期による基準の数え方との微妙な違い

月経周期が28日で安定している人であれば、これまで説明してきた数え方で良いのですが、そうではない人もいますよね。
月経周期が35日で安定している人の場合は、排卵日が7日遅れると考えます。
どういうことかと言えば、妊娠数週を7日遅らせて計算するわけです。

月経周期が一定ではない人の場合、低温期から高温期に移行する日を排卵日として、排卵日を妊娠2週0日として妊娠数週を計算してください。

出産には個人差がある

当たり前の事ですが、妊娠期間は全員が全員280日ではありません。むしろ280日ぴったりで出産できる人の方が少数派かもしれませんね。
280日を前後することは、半ば当然とも言えますから、出産予定日を過ぎたからと言って、変に焦る必要はないのだと頭に入れておいてください。