基礎体温を測る女性の画像

人と言うのは興味がないと、当たり前に知って良そうなことでも、知らないことがあります。妊活で言うと、基礎体温でしょうか。言葉自体は知っていても、計り方を知らないという人は、意外と多いのではないでしょうか。

基礎体温って普段の体温とは違う?

基礎体温とは、身体が最もエネルギーを使っていない時の体温の事です。
目が覚めて起き上がる前に、計った体温と言う認識で大丈夫でしょう。
起き上がってしまうと、体温が上昇してしまいますから、計る時も寝たままでいる必要があります。

当然普段熱を測った時の体温とは違いますから、注意してください。
基礎体温を測ることで、低温期と高温期を知ることが出来、ひいては排卵日や生理周期も予測することが出来ます。
妊娠するには、排卵日直前に性交渉をするのが、最も確率が高いですから、妊活をするなら調べておきたい情報の1つです。

基礎体温の測り方

基礎体温は、目が覚めて、起き上がる前に「口」で測ります。
立ち上がってはいけませんから、就寝前に枕元に体温計を準備しておきましょう。
体温計は下の裏側にある筋の根元、一番奥の中央に当ててください。

舌の上だと正確な体温が図れませんから、注意してください。また、口は閉じて空気に触れないようにして測ります。
飲酒をしていたり、寝不足だったりしてもいけませんから、体調管理をするつもりでお酒は飲まないようにしてください。
睡眠は最低4時間は必要になります。

可能であれば毎日同じ時間に測るのが良いのですが、夜中に目が覚めてしまった場合、立ち上がるよりも前に測るようにしましょう。
起き上がらず二度寝した場合には、問題ないようです。
また立ち上がっても、また4時間以上寝たら、次起きたときに測っても大丈夫です。

基礎体温からわかる身体の調子って?

基礎体温を計ったら、グラフを作りましょう。折れ線グラフを作るのが、見やすいと思います。
すると、比較的体温が低い時期と高い時期、つまり低温期と高温期がわかります。
体温は人によって違いますから、「何度だったら高温期」とわかるわけではありません。

次に月経から排卵期前までが低温期、排卵期から黄体期が高温期になりますから、低温期から高温期になる時が排卵日で、高温期から低温期だと生理だとわかるでしょう。

不定期でもいいのでまずは3ヶ月計ってみる事

定期的と言いましたが、そのあたりも個人による違いがあり、ちゃんと定期的な人もいれば、そうではない人もいます。
そのため1か月測ったくらいでは判断できかねますので、まずは3か月続けて測ってみてください。