妊活で見かける言葉を調べる女性

初心者にとって、まずつまずくであろう「用語」ですが、妊活にも様々な用語がある事をご存知ですか。
用語を知ることで、妊活をしている人ともコンタクトが取りやすくなり、精神的な負担が減ることもあるでしょう。そこで、いくつかの言葉について調べてみました。

妊活の意味とは

基本的な事ですが、意外と使われ方が統一されていないのが「妊活」です。
一応、妊娠をするために具体的に動き始めた事を指していることが、多いようですね。
実際にサプリを飲み始めたとか、日々の食事を改善してみたなどでしょうか。

また不妊治療を指して、「妊活」を使っている人もいるようです。
今から子供を作ろうとしている人がはじめる妊活と、不妊だからはじめる妊活とでは状況が大きく違いますから、アンケートの結果なども変わります。
そのため、話題に上がっている妊活が、何を指しているのかは把握しておきたいところです。

人によっては、妊活=性交渉と考えている人もいますし、最終的にはそこに行きつくことがほとんどですから、話題にする場合には気を付けた方が良いかもしれませんね。

生理に関する言葉

妊活をしている人のブログなどを見ていると、D○○と言った言葉を使っていることがあります。DはDAYの頭文字で、D○○とは生理から○○日目なのだそうです。
生理が始まった日をD1として、数えていきますのでD20と言うときには、生理が始まってから20日目という事になります。

次にリセットですが、これは生理が来た事を指しています。おそらく、D○○の数字がリセットされて1に戻るからなのでしょう。
最後に基礎体温ですが、普通に測る体温ではなく、朝起きて体を動かす前の最も安静な時の体温です。
女性には高温期と低温期を一定周囲で繰り返していて、低温期から高温期に変わるところが排卵期に当たります。

そのため、計測することで、排卵日の時期を把握することが出来るのです。

マカ・葉酸について

妊活サプリでよく見かけるこの2つですが、土俵が違います。
まず、マカは根菜です。大根とかと一緒ですね。スーパーフードの1つとされ、栄養豊富で、妊活に嬉しい成分を豊富に含んでいます。
葉酸はビタミンB群の1種で、食品に入っている成分です。

葉酸は奇形児のリスクを差が得るために、妊娠1か月前から、妊娠後3か月まではしっかり摂るように厚生労働省から推奨されています。

言葉を知ることで妊活中の交流もできる

妊活の事をつづっているブログは珍しくなく、言葉を知ることが出来れば、そういった人と交流することが出来ます。
妊活をしている人同士の交流は、お互いを励まし合えますので、やっておいて損はないでしょう。