高齢出産のリスクについて考える女性

テレビやニュースを見ていると、芸能人が高齢出産をしたというものを見かけます。晩婚化が進む昨今、高齢出産を選択する人は少なくありません。
ですが、テレビで良く聞くような、サクセスストーリーだけを見て高齢出産をするのは危険です。しっかりと、高齢出産のリスクを見たうえで選ぶようにして下さい。

高齢出産の基準は何歳からなのか

かつては30歳と言われていた高齢出産ですが、現在では35歳以上だとするのが一般的です。またこれは女性の話で初産の場合だと言われています。
2人目は40歳以上で高齢出産と言われますが、これは母体へのリスクが初産よりも低くなるからで、妊娠にしやすさや胎児へのリスクは40歳の初産と変わりませんから注意してください。

男性の場合、女性ほど高齢出産の話はされませんが、40歳以上でだと高齢出産だとみてもよさそうです。
男性だから、いつまでも自然妊娠ができるわけではありません。

赤ちゃんに対するリスク

高齢出産で良く問題視されるのがダウン症です。35歳未満だと1/1000の確率でダウン症になると言われていますが、これが35~40歳だと1/400~1/100まで高くなり、41~45歳だと1/80~1/40になります。
パーセンテージにすると、35歳未満で0.1%、35~40歳で0.4~1%、41~45歳で1.25~2.5%となり、数字的には小さいように見えますが、リスクは10倍以上に跳ね上がることになります。

またダウン症に限らない先天性の異常が起こる確率は、20代での出産で1.88%なのに対して、40代になると2.38%まで上がります。
以上ではなく、早産や流産と言ったものに関しても、やはり高齢出産の方がリスクが高くなるそうです。

母体に対するリスク

妊娠中は免疫力が低下しますから、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、子宮筋腫、卵巣腫瘍などの確率があるのだそうです。
特に妊娠高血圧症候群は、35歳~で14~18%、45歳~だと30%程度にもなります。
45歳以上で妊娠した人の、3人に1人程が、妊娠高血圧症候群になる計算です。

免疫力の低下だけではなく、年齢によって卵巣や血管機能も低下しますから、こういった病気の確率を引き上げています。
高齢妊娠だと流産をしやすくなってしまいますが、流産は女性の心身に大きな負担を与えることにもなります。

リスクはしっかりと確認する

高齢出産をしてはいけないとは言いませんが、高齢出産なのだという自覚を持つことは大切です。
高齢出産をするという事は、少なくとも35歳以上の立派な大人なのですから、周りの成功談だけで自分も簡単に出来ると考えずに、高齢出産に対するリスクとしっかり向き合ったうえで、選択するようにしてください。