足りない栄養素はマカサプリにお任せ

妊活サプリについて

手軽に出来る妊活として、「サプリメント」がありますよね。妊娠に必要だけれど、足りない栄養素を簡単に補給することが出来ますから、毎日運動したり、献立を考えたりするよりもお手軽です。
ですが妊活サプリにもいろいろあり、近年「マカ」という言葉を見かけることが多くなったのではないでしょうか。

妊活で人気のマカとは一体どういうものか、少し詳しく見てみましょう。

「マカ」は南米原産の根菜で栄養素が豊富

妊活サプリを見ていると、「マカ」をよく見かけます。
葉酸と並べられることもあり、マカはビタミンやミネラルと言った成分ではないかと誤解されることもありますが、マカとは南米ペルーが原産のアブラナ科の根菜です。
アブラナ科という事で、キャベツやブロッコリーの仲間とも言えますね。

根菜ですから、大根の方が近いかもしれません。
少なくとも成分ではなく、野菜に当たります。そのためマカが入っている言われたとき、成分的にはビタミン類やアミノ酸類など、様々なものが入っているのです。
マカは本来標高4000~5000mと言う過酷な環境で育つ野菜で、周りにライバルとなる植物がなく、極限状態で生き抜くためか非常に豊富な栄養価を持っています。

その栄養の豊富さは、アンデスの女王とも呼ばれるほどです。
しかし栄養をため込むために、大地の栄養を吸い尽くすとも言われていて、1度マカを収穫するとその土地では数年は不毛になるといわれます。

マカの主な効果

マカの効果について

マカには特有成分のグリコシノレートをはじめ、必須アミノ酸やビタミン類、ミネラル類などの多くの栄養素が豊富に含まれています。
そのため、どういった効果があるのかと言うのを、細かく見ていくのは難しいですが、妊活という事を考えた場合、女性だとホルモンバランスを整えて、月のリズムを整えてくれる、冷え性のケアをしてくれるなどの効果が期待できます。

マカは天然のバイアグラともいわれるほどで、かつては勢力増強剤として有名でした。
そのため、男性向けの効果としては、精力向上やEDの解消などが期待できます。
また妊娠の確率を高めるには、健康的な体作りは大切ですよね。

マカには、疲労回復効果もありますから、妊娠の体作りにも一役買ってくれるでしょう。

実は豊富な種類が存在するマカ

一言にマカと言っても、その種類は色によって分けられ、全部で10を超えるのだそうです。
今回はその中の3種類についてお話します。
最も収穫量が多く、手に入れやすいものが黄マカと呼ばれるものです。

ただこの黄マカですが、白マカと呼ばれることもあり、どちらが正しいのかはよくわかりませんでした。
今回紹介する3つの中だと、最も標準的な効果を持っていて、滋養強壮や精力増進などの効果はありますが、他の2つよりも効果は低めです。
とはいえ、黄マカでも充分な効果は発揮してくれますから、邪険にする必要もありません。

次の赤マカは女性に対して、より良い効果があるとされています。
女性ホルモンを整える効果が高く、また女性の方がなりやすい骨粗鬆症に効果があるのだそうです。
男性が赤マカを摂取した場合、前立せん保護の効果があります。

最後の黒マカは、最も栄養価が高いとされているマカです。
それだけ収穫量も少ないですから、黒マカを使っているサプリメントは、高価になるかもしれませんね。
ただ値段だけではなく、ちゃんと効果もあり、精力回復効果が最も高く、精子の生産性に長けています。

そのため、男性の不妊治療にも使われるといいます。
大雑把な見方にはなりますし、サプリメントで摂ろうとした場合、何マカを使っているのかを表示していないこともありますが、女性なら赤マカを男性なら黒マカを摂るようにしたら、効率的に妊活を進めることが出来るのではないでしょうか。

日本産のマカと原産国の話

最初の項目でも紹介しましたが、マカは標高4000~5000mで育ちます。
この環境を日本で整えようと思っても、富士山の頂上3776mだといいますから、かなり難しいのは分かるのではないでしょうか。
しかし、何とか日本でも栽培できるようになっていて、サプリでも日本産のマカを使っているところもあります。

しかも日本産のマカは、栄養価が原産国であるペルーのものよりも高いのだそうです。
具体的な話をしてみるとベンジルグルコシノレートがペルー産の十数倍、アルギニン・プロリン・リジン・ギャバは数倍含まれています。
リジンは女性の生殖機能を活性化する働きがありますし、アルギニンは成長ホルモンの分泌を促してくれます。

成長ホルモンはアンチエイジングの効果があり、卵子にもその効果は現れますので、より質の高い卵子を作ることが出来ます。
男性の場合、アルギニンを摂取することで、精子の量と運動性を高めてくれます。
これらが、通常よりも数倍多く入っているわけですから、妊活にも大きな働きを見せてくれるでしょう。

またペルーのマカは、政府がそのまま国外に持ち出すことを禁止しています。
そのため、強烈な紫外線で天日干しして、粉末状にしたものを輸入します。
ただし、一概に日本の方が良くて、ペルーの方が劣っているというわけではありません。

まず日本でマカを作りには、かなりの手間がかかります。本来富士山より高いところで育つものを、日本の環境下で育てますから、当たり前と言えば当たり前ですが。
手間をかけている分、料金に現れてきます。
はっきり言って、日本産のマカはペルー産よりもかなり高いです。

それから、日本では乾燥機を使って乾燥させることがほとんどなのだそうですが、そうした場合とペルーの強い紫外線で乾燥させた場合とでは、ペルーの方が美味しくなるのだそうです。
味は効果とは関係ないと思われるかもしれませんが、サプリメントは毎日長期にわたって続ける必要がありますから、美味しい方が続けやすいですし、負担にもなりません。
加えてペルー産は粉末状にして輸入しますが、そのせいで栄養価が落ちるという事もないようです。

マカについて多くの研究がありますが、その多くがペルー産のマカを使っての結果になりますから、日本産のマカでも同様の効果が得られるかわからないといった面もあります。

マカにも男性向けと女性向けがある?

男女で使えるマカサプリ

妊活サプリには男性用や女性用、どちらでも使える共用があります。
よく言う葉酸は、女性が摂った方が良い成分ですから、女性向けのサプリメントだといえるでしょう。
では、マカサプリはどうかと言うと、男性にも女性にもそれなりに効果が期待できますから、共用で良いと思います。

説明した通り、黒マカや赤マカなどで、違いはありますが複数の種類のマカを配合しているサプリもありますし、どのマカを使っているのかわからないサプリもあります。
男性だから赤マカを摂ってはいけないという事はありませんから、赤マカ=女性用と言うわけでもありません。
ただし、最近だと妊活女性向けに赤マカを推しているものもあります。

その場合には、男性も使っていいのか、女性向けの成分ばかりではないかという事は確認しておきましょう。

ベンジルグルコシノレートと言う成分について

マカの成分については、いくつか説明をしてきましたが、最も耳慣れないのがベンジルグルコシノレートではないでしょうか。
マカ特有の成分ともいわれるベンジルグルコシノレートは、ホルモンに働きかける・疲労回復・滋養強壮に良いとされている成分です。
妊娠に至るまでには様々なホルモン、殊性ホルモンが関わってきます。

ホルモンに働くという事で、女性の月経のリズムを整えて妊娠しやすくすることも考えることもできるでしょう。
しかし、マカが妊娠に良いという研究はありますが、マカの何が妊娠に良い結果をもたらしたのかはわからなかったといいます。
ですから、ベンジルグルコシノレートがそこまで妊娠に必要かと言われたら、そういうことはありません。

元より日本になかった食べ物ですから、妊娠に必須であれば、日本で子供が生まれることもなかったでしょう。

マカサプリにかかる費用を比較しました

定期購入価格

商品名 値段 備考
はぐマカ 5520円(1本当たり1840円) 3本セット
フルミーマカミウ 4980円 初回2980円
プレミアムマカ・モラーダ 5400円 初回2980円
ハグクミの恵み 5984円 初回2980円

6か月継続(6個分)価格

商品名 値段
はぐマカ 11040円
フルミーマカミウ 27880円
プレミアムマカ・モラーダ 29980円
ハグクミの恵み 32900円

マカサプリを選ぶときに、まず目を惹くのが値段だと思いますので、いくつかの商品を比較してみて、大体どれくらいの値段で買えるのかと言うのを見ていきましょう。
最初に表の補足をさせてもらいますが、はぐマカは定期購入だと3本セットしか見当たりませんでした。また、6か月継続価格にした理由は、妊活サプリを使うにあたって、効果が現れるまでに続けておきたい期間がだいたい6か月だといわれているからです。

では、細かく見ていきましょう。最も安いのがはぐマカですね。
1本当たりの値段で考えた場合、2000円を切っていますから、他とは一線を画しているところがあります。
はぐマカを除いて見てみると、大体5000~6000円が相場になるのではないでしょうか。

実際はもっと高い商品もあると思いますが、これくらいの値段だと、安全性と品質が最低限確保されているとみていいと思います。
とはいえ、同じ値段でも使われているマカの種類や量や、その他の成分などが違いますから、割が良い商品とそうでない商品はあるでしょう。
そこまでを値段で判断するのは、難しいです。

マカサプリを使いたいと考えている人は、定期購入の1回の値段や単品購入での値段を考えるのではなく、6か月継続した時の値段で考えてみてください。
6か月でだいたい3万円程度使えるというのであれば、マカサプリを使ってみることをお勧めします。
単にどういったものか試してみたいというときには、値段の安さもありますからはぐマカを使ってみるといいでしょう。

6か月継続での値段は、あくまでも定期購入を6か月(はぐマカは2回)続けた時の値段です。
はぐマカは、6個セットでの購入も可能で、その時の値段は10800円と単純に定期購入を続けるよりも安くなっています。

マカサプリの産地や配合量を比較しました

単品価格

商品名 値段
はぐマカ 2300円+送料
プレミアムマカ・モラーダ 6000円
ハグクミの恵み 7480円
フルミーマカミウ 7980円

マカの産地

商品名 産地名 1日分配合量
はぐマカ ペルー産 1850mg
プレミアムマカ・モラーダ ペルー産 1750mg
ハグクミの恵み 日本産+アンデス産 800mg以上
フルミーマカミウ 日本産 配合量不明

次にマカの産地や配合量について比較してみます。その前に単品価格も表示した理由ですが、産地による値段の違いを見たかったからです。
定期価格だとそれぞれ割引をしていて、あまり値段の違いが出なかったのですが、単品で見てみると顕著だったので、付属してみました。

見てもらうとわかりますが、「ハグクミの恵み」と「フルミーマカミウ」で日本産のマカを使っています。
ペルー産のマカを使っている「プレミアムマカ・モラーダ」と比べてみると、ハグクミの恵みで1480円、フルミーマカミウで1980円高くなっているのがわかるでしょう。
これが、定期購入価格になると、逆転してしまうわけですから、少し面白いかもしれませんね。

公式サイト基準で産地は示しているため、ペルー産とアンデス産とに分けられていますが、同じ産地だと見てもらって大丈夫だと思います。
マカの産地の表中の「1日分配合量」ですが、メーカーが推奨している1日量を元にしています。1日に何粒も飲む必要がありますから、1粒当たりだともっと少ないです。

と言ったところで、マカの1日の適量をご存知でしょうか。ペルー産と日本産で成分が大きく違うため、ペルー産の話で日本産だとまた違うのかもしれませんが、1500~3000mgだと言われています。
ペルー産のはぐマカとプレミアムマカ・モラーダは、この量をきっちり満たしています。
他の2つに関しては、日本産のマカが入っていますから、充分かどうかは判断が難しいところです。

マカを摂取する際の注意点

どんな注意点があるの?

マカは根菜=食品ですから、薬のような副作用について警戒する必要はありません。
しかし、食品がすべて安心して食べられるというわけではありませんよね。
栽培中の農薬量などもあるとは思いますが、知っておいてほしいのはアレルギーが出ることです。

アブラナ科の野菜にアレルギーがあるという人は、マカサプリを飲むのは控えておきましょう。
それから、機会に巡り合うかわかりませんが、生でマカを食べると、アレルギーがない人でもアレルギー反応が出るのだそうです。
サプリで飲む場合、気にする必要はありませんが、マカはホルモンに働きかけますから、低確率でホルモンバランスが乱れて、頭痛や不眠などになるかもしれません。

また、何度も言うようですが、マカは日本では食べられていなかった野菜です。
つまりアレルギーかどうかと言う前に、マカと言うものに慣れていません。
口コミを見ていていると、マカサプリを使い始めた人の中で一定数は、マカサプリを飲み始めてから月経不順が起こるようになったなど、マイナスの効果を感じています。

マカになれていないのに急に摂取したためだと考えられますから、初めは推奨量よりも少ない量から初めて、慣れてきたら少しずつ推奨量に近づけていくようにしてはどうでしょうか。
あと気を付けたいことは、その栄養の豊富さゆえの、特定の成分の過剰摂取です
栄養素はむやみに摂って良いというわけではなく、摂りすぎると逆に体に悪影響を及ぼしてしまいます。

そのため、普段の食事で十分に栄養が摂れていると思う場合には、無理にマカを摂らないというのも頭に入れておくと良いでしょう。
1粒が1日量という事はありませんから、食事に合わせて飲む錠剤の量を変えるというのも、良いかもしれませんね。

妊活中以外でもマカは効果的?

妊活以外にも効果が期待できるマカ

妊活サプリとしてマカを紹介してきましたが、マカには妊娠とは関係しないものの、嬉しい効果が沢山あります。
まず、汗の量を調節してくれますから、汗による体臭を抑えてくれます。
さらにホルモンバランスを整えることで、加齢臭も抑制してくれますから、自分の臭いが気になるという人や汗っかきな人には嬉しいですよね。

また、コレステロールを低くしてくれる効果がある事から、高血圧やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病もケアしてくれます。
アルギニンによる血行促進効果は、生殖器だけではなく、頭皮方面へも効果がありますから、薄毛を予防してくれるでしょう。
女性だとホルモンバランスを整える効果から更年期障害に効果があり、活性酸素を除去してくれますから、アンチエイジングもできる優れものです。

マカと相性のいい成分

マカサプリを飲む時に、より効果を高めようと思ったら、男性の場合には亜鉛と一緒に摂りたいところです。
亜鉛を摂る事で、精子の数や運動量を増やして、マカで精力をアップさせますから、より妊娠させやすくなるでしょう。
余談になりますが、自然妊娠に必要な男性の精子の状態ですが、2010年のWHOの基準値では、精子濃度1ml中に1500万個以上で、精子の運動率が40%とされています。

あくまでもこれが下限ですから、医師の中には1ml中4000万個以上で運動率50%以上必要だと言っている人もいます。
話を戻して、亜鉛とマカを摂る事で、EDにも効果を発揮するでしょう。
女性だと鉄分を一緒に摂る事で、血液量を増やすと同時に、血行を良くすることが出来ます。

血液量の増加と、血行の促進は、妊娠の天敵である冷え性改善に力を発揮してくれます。
冷え性に悩まされている人やもちろん、血行が悪くなっているかなと感じるときには試してみてください。
それから、マカにも含まれているビタミン類ですが、普段の食事であまりとれていないと感じる場合には、別途摂っておくと良いでしょう。

ビタミン類に関しては、相性が良いというよりも、一緒に飲んでも良いといった感じですが、サプリを選ぶときの参考にしてみてください。
相性関係なしに、妊活で一緒に摂っておきたいのが葉酸です。
葉酸のビタミンの1種になりますが、葉酸に関しては妊娠を希望する女性がサプリメントなどから摂るようにと、厚生労働省が推奨しています。

他の成分は、食事などからでも大丈夫ですが、葉酸だけは違うので、マカを飲んでいるから問題なしと言うわけではないことを頭に入れておいてください。

マカサプリの選ぶ基準について

マカサプリと言っても、マカ以外の成分が入っているものも多く、普段の食生活を振り返ってみて、どういった成分が足りていないかを考える必要がありますし、そのほかにも考慮すべき点はいくつもありますよね。
しかし、何よりも選ぶ基準として考えてほしいのが、続けられるかどうかです。
どれだけ良いものを飲んでいたとしても、サプリメントは薬ではありませんから、効果が現れるまでに時間がかかります。

1か月続けたくらいで、すぐに効果が現れるわけでもなければ、1か月続けてその後何もせずに数か月後に効果が現れるわけでもありません。
毎日続けていく上で、値段は大きなポイントになるのは言うまでもないでしょう。
今回紹介したものだと、1年間続けたとしても10万円しないものばかりですから、妊活をしている=子供を作るだけの経済的余裕がある夫婦であれば、問題はないでしょう。

このくらいの値段を続けられない経済状況だと、子供を作ってからが大変です。余裕があっても、サプリ代を子供のために残しておきたいという気持ちはわかりますが、もとより妊娠しない事には始まりません。
ですから、ある程度の値段は大丈夫だとして、なかなか気が付かないのが、匂いや大きさ、そして1日にどれくらい飲むかです。

匂いくらい我慢して飲むと考えている人もいるかもしれませんが、薬ではありませんから、そこまで無理して飲む必要はありません。むしろ、無理して飲むとストレスになる恐れがあります。
そもそも途中で飲みたくなくなるという事もあるでしょう。匂いに敏感だという人は、コーティングしてある匂いが少ないものを選ぶと良いです。

大きさですが、大きすぎると飲みづらいですよね。
もしも妊娠後も飲み続けるつもりであれば、つわり時期には余計大きな錠剤を飲むのは難しいです。
飲みやすい基準としては、直径が1㎝未満と言ったところでしょう。

最後に個数ですが、1日に3~4個と言うのが多いです。
薬で考えた場合、毎食後に飲むのと変わりませんから、あまり負担にはならないかもしれません。
しかし、中には7~14個が推奨されているものもあり、全て飲んでしまうのも大変です。

錠剤を飲みなれていないという人は、推奨量が少ないものを選ぶと続けやすいかもしれませんね。
サプリメントを飲む数ですが、絶対に推奨量を飲まないといけないわけではありません。
出来れば、その数を飲んだ方が良いのかもしれませんが、例えばマカが体に合わなかったときなど、意図的に数を減らして飲んだとしても何か体に悪影響が出るわけではない
のです。

もしもマカサプリが初めてで、何を買っていいのか迷っているのであれば、まずは適当に1つ選んで自分の体に、マカがなじむかを見てください。
体に合わないと感じた場合は使用を止めて、病院で診てもらうといいでしょう。

マカで夫婦揃ってペア活を!

夫婦で仲良くペア活を!

ペア活とは、ペアレント活動とか、ペア活動と言ったところで、簡単に言えば夫婦そろって妊活をすることです。
妊活をするうえで、本当に大切なことは、夫婦のどちらか片方だけに負担がかからない事なのだと思います。
少なくとも、夫婦間の考え方が違うだけでもストレスは溜まっていきますし、ひいては夫婦仲がどんどん悪くなっていくかもしれません。

どちらかだけが頑張るのではなく、夫婦そろって頑張る必要がありますから、男女どちらにも効果を現してくれるマカはペア活にぴったりなものだといえるでしょう。

マカ100%配合のプレミアムマカモラーダ

マカサプリ

サプリメントの役割は、食事で補えなかった栄養素を補えることですよね。 つまり、豊富な栄養素が入っていることが、サプリメントとして正しい形とは限らないのです。むしろ、成分を最小限にして、柔軟に飲むことが出来た方が良い事もあ・・・

安い価格を基準にして選ぶならはぐマカ

マカサプリ

妊活サプリを選ぶとき、何を基準に選ぶかは人それぞれだと思います。 ですが、多く人が値段は気にするのではないでしょうか。言ってしまえば、効果があるなら安い方が良いですよね。それなりの値段がするマカサプリですが、マカはぐなら・・・

full-me MACA MIUは日本産マカ100%

マカサプリ

野菜やお肉など食品において、国産にこだわっている人は少なくないですよね。 では、サプリメントはどうでしょうか。妊活サプリでも人気があるマカですが、その多くはペルー産になります。 ですが、フルミーマカミウなら、国産マカ10・・・

マカにはどんな効果が期待できるの?

マカサプリ

多くの妊活サプリで、マカを見かけるようになり、マカが妊活に良いというのはなんとなく知っているという人も増えたのではないでしょうか。では、具体的にどういう効果があって、妊活に良いと言われているか知っていますか。 妊活中の女・・・

マカと不妊症の関係

マカサプリ

妊活サプリとして、マカは有名です。本来日本にはないマカが、これほど有名になったという事は、それだけ妊活に効果があるという事でしょう。では妊活や不妊に対して、具体的にどのような効果があるのか、知っていますか。 マカサプリを・・・

マカと併用するとだめなものはあるの?

マカサプリ

妊活中は特に健康に気を使いたい時期ですよね。妊娠できるチャンスが、月に1回しかないのに、その1回を体調不良で不意にしてはもったいないです。 そうならないためにも、マカの飲み合わせについて、調べてみませんか。 サプリメント・・・

マカってどれくらい摂取すればいいの?

マカサプリ

サプリメントには様々な種類があり、それぞれに過剰摂取にならないような上限があります。例えば鉄分の場合、年齢などにもよりますが男性だと1日50mg、女性だと1日40mg程度が上限になります。 妊活サプリでよく見かけるマカは・・・

ページの先頭へ