妻の代わりに家事をする男性

妊娠中の大変さを男性が理解するのは、なかなか難しいかもしれません。しかし大変であるという事は、わかりますよね。
普段やっていることも、容易にはできないほどですから、男性もできるだけ奥さんを気遣って出来る事はするようにしたいものです。

男性が率先して家事を行う

いつもは奥さんがやってくれる家事も、妊娠中だととても大変です。
そんな中、普段やっていることだからと、夫が黙ってみているというのはナンセンスですよね。
自分が手伝えることはないのか尋ねてみても良いですし、自分で出来る事を探してみても良いです。

ただし普段家事をしない人がいきなりやろうとしても、女性から見たら手際も悪く、無駄も多く、逆に仕事が増えると感じることもしばしばあります。
そのため、家事をしたことがない男性は、妊活をしている間に奥さんに家事を教えてもらっておくと良いでしょう。
ベターなのは、普段から家事を分担して行うことです。

おすすめの妊活サプリ比較に戻る

出来るだけ妊娠中の妻と一緒にいる

妊娠中は何もしていなくても、不安なことが多いです。急に体調が悪くなるかもしれませんし、自分のちょっとした行動が胎児に影響しかねませんから、気が気ではないわけです。
そのため、イライラしがちで近づきがたいと感じる人もいるかもしれません。

ですが、出来るだけ一緒にいて支えてあげるだけでも、奥さんの不安を和らげることが出来るでしょう。
経済状況との兼ね合いもあるところですが、残業は減らすなどして、すぐに家に変える努力はしたいところです。
一緒にいるというのは、何も家の中だけの話ではなく、健診などもいけるときには一緒に行ってあげましょう。

妊娠中は出来るだけお願いを聞く

妊娠をしているだけで、身体が重くできないことも増えます。
そのため、何かお願いされることも少なくはないでしょう。
その時に、嫌々請け負うのは止めましょう。あれやって、これやってとお願いばかりされると、男性にも思うところがあるのは重々承知ですが、嫌々してしまうと夫婦仲に傷がつくかもしれません。

そもそも、子供が欲しいというのは夫婦の総意であるはずですから、男性側もある程度のわがままを聞き入れてサポートするぐらいの心構えは必要です。
もしも妊娠時期に、夫婦仲がこじれてしまうと、その先ずっとこじれたままで仮面夫婦になる可能性もありますから、自分から何かしてほしいことがないか申し出るくらいはしておきたいですね。

ちょっとした気遣いだけでも変化してくる

いきなりすべてをやろうとすると、男性側もプレッシャーになりますし、仕事もあるでしょうから疲労がどんどんたまっていくでしょう。そのため、まずはいつもよりも気を遣うように心がけるところから始めてもいいかもしれませんね。

おすすめの妊活サプリを見る

関連記事

    None Found