年齢に関するイラスト

若い方が妊娠しやすいというのは、多くの人のイメージにあると思います。しかし、それが本当かどうか、実際に調べたという人は少ないのではないでしょうか。
そこで、なぜ若い方が妊娠しやすいと言われるのか、調べてみました。

若いほど妊娠しやすいのは間違いない

様々なところでアンケートや研究が行われ、それらのデータに共通するのは、やはり若いほど妊娠しやすいという事です。
健康な男女が自然妊娠をしようとした場合、20代で25%ほど、30代だと20%以下、40代で一気に下がり5%、40代後半では1%だというデータもあります。
また、不妊率で見た場合にも、若いほど不妊率が低く、年齢を重ねるごとに高くなるというデータもいくつか見つかりました。

何歳までなら、自然妊娠を望めるのかと言う話ですが、妊娠の適齢が35歳までと言われていますので、それを1つの基準にしてもらえたらいいかなと思います。
もちろん35歳以上になっても、自然妊娠する例はありますが、半年程度試して駄目だったら病院に行った方が、妊娠できる可能性は高くなるでしょう。

なぜ歳を取ると妊娠しにくい身体になるのか

主な原因は卵子の老化だと言われます。体が老化すると働きが悪くなると思いますが、卵子も老化が進むとその機能が落ちてきます。
女性の場合、卵子の元とのなる細胞を持って生まれてきますから、卵子だけが老化しないわけではありません。
それから、年齢に関係ありませんが、ストレスなどは細胞の老化=卵子の老化に繋がりますから、現在は若くても妊娠しにくい人が少なくないようです。

女性の話ばかりしているが、男性はどうなんだと思う人もいるでしょう。
精子は卵子とは違い、作られては死滅しています。その分、老化との関係は女性に比べると薄いようです。
ですが、精子を作る体は老化していますから、決して男性は歳を取っても大丈夫とは言い切れないでしょう。

いつまで妊娠することが出来るのか

最初に40代後半になると1%の妊娠率だと書きましたから、無理だと感じる人もいるかもしれません。しかし、できないというわけではないです。
理論上は、生理が来ている限り、妊娠することはできます。
それに、1%はあくまでも自然妊娠ですから、不妊治療で確率を上げることもできるでしょう。

しかしこの不妊治療も若い方が効果的ですから、妊活は早めに始めるに越したことはありません。

諦める必要はないが絶対に上手くいくものでもない

30歳を過ぎたから、40代になったからと子供を諦める必要はありません。
しかし、妊活を初めてすぐに妊娠できるという保証はなく、結局妊娠できなかったという可能性もある事は頭に入れておいてください。