丸とバツのパネルを持った女性

妊活中にやってはいけないと言われていることは、たくさんありますよね。本当にしない方が良いものも多いですが、話だけが広まってしまったものも少なくありません。
そこで、妊活中にやっても良い事と悪いことをまとめてみました。

男性も女性も喫煙・飲酒は避けて下さい

イメージ通りだと思いますが、喫煙は男女とも妊活中にはしてはいけません。
女性なら卵子の発育不全や排卵障害になるかのせいがありますし、男性ならEDや精巣機能の低下につながります。
妊娠することが出来ても、低体重になる可能性が高くなるそうです。

飲酒に関してですが、理論上過度にならなければ、妊娠のしやすさに大きな違いは出ないようです。
ただし女性の場合、胎児がいる状態でお酒を飲むと、胎児性アルコール症候群を引き起こす恐れがあります。
妊娠したかどうかがすぐには分からない以上、妊活をすると決めたらお酒は飲まないようにした方が良いでしょう。

どうしても飲みたいというときには、妊娠していないと確定している時期に飲むことをお勧めします。

おすすめの妊活サプリ比較に戻る

運動は推奨されているけど適度に

妊活に限らず、運動することは健康の面から見ても、推奨されてしますよね。
適度な運動は血行促進にもつながりますし、妊活にとってもプラスに働きます。
筋力の増加で丈夫な体を作ることにも繋がりますから、やっておいて損はないでしょう。

ただしあくまでも「適度」であればです。過度の運動は、逆に体に負担をかけて、怪我をする可能性があります。
また活性酸素を増やして、細胞を傷つけることにもつながりかねませんので、いきなり激しい運動はしないようにしましょう。
それこそ、最初はウォーキングからはじめてみてください。

妊活中マスターベーションをしない事はプラスにならない?

妊活中、男性はマスターベーションをしてはいけない、と言う話を度々見かけます。
その理由として、精子の量が少なくなるからですね。
しかし何もせずとも、精子は3日程度で死滅しますから、マスターベーションしたところでそこまで数が変わるとも思えません。

むしろ、マスターベーションをしないでいると、古い精子が残るわけですから、妊活的にはマイナスになるでしょう。
それに、あまりにもしないでいると、精子の運動率が落ちるという話もあります。
排卵予定日前には、毎日性交渉した方が良いとも言われます。

女性の場合ですが、特にやってはいけないという話はありませんでした。

効果的なのかきちんと調べて実践しよう

駄目なように見えて、良い効果がある事もありますし、逆に良さそうなことが、妊活にマイナスという事もあります。
イメージだけで行動するのではなく、ちゃんと効果があるのか、間違えた知識ではないのか調べてから、行動に移したいですね。

おすすめの妊活サプリを見る

関連記事

    None Found