妊娠初期は様々な事に気を付けましょう

妊活をしていて、ようやく妊娠出来たらまず妊娠初期と言う時期がやってきます。
子供が出来たことに対する喜びもあるかもしれませんが、身体に変化が訪れ、胎児も安定していない時期ですから、多くの事に気を付けたいところです。

妊娠初期とはどういう時期か

妊娠初期とは、妊娠数週で言うところの妊娠4~15週、妊娠2~4か月を指します。
硫酸のリスクが最も高い時期で、流産の90%以上が妊娠初期に起こると言われているのです。
また、つわりが激しい時期でもあります。

妊娠初期が始まる妊娠4週目ですが、着床したタイミングで、ここから妊娠が成立したとされます。
これより前は、妊娠2週などと呼びはしますが、妊娠しているというわけではないんですね。
着床した受精卵が細胞分裂を繰り返し、人の形をするのがだいたい妊娠8~11週で、心音も確認できるようになり、それまで妊娠を実感できなかった人でも、実感することが出来るのではないでしょうか。

おすすめの妊活サプリの口コミはこちら

妊娠初期に気を付けておきたい事

妊娠初期は流産が最も起こりやすい時期ですから、まずは無理をしないように自分自身の健康を第一に考えるようにしてください。母体の健康が胎児の健康につながります。
そのため、アルコールやタバコは止めましょう。薬も、個人の判断で飲まないようにしてください。流産につながる可能性があります。

また妊娠してからは、定期的に健診を受けることになりますので、忘れないようにしてください。
万が一体調に異変を感じたら、小さなことでも病院に行った方が良いでしょう。何もなかったのであれば、なかったで安心できます。
妊娠初期には妊娠悪阻と言って、入院を必要とする状態になる恐れがあります。

水分を充分に摂ったうえで、尿の色が濃いと妊娠悪阻の恐れがありますから、病院に相談してみてください。

つわりと言う症状について

妊娠初期に訪れるつわりは、不快な症状の総称で、特定の病気と言うわけではありません。
妊娠中のむかつきや吐き気、嘔吐などはすべてつわりになるわけです。
原因は解明されていませんが、妊娠してからホルモンバランスが変化したことによる症状だと考えられています。

つわり中は食事をすると考えるだけでも負担になることもありますが、食べないと今度は体が持ちません。
食べられる時に、食べられるものを食べるようにしましょう。
空腹はむかつきを誘発しますので、お腹が空いてから食べるのは難しいです。

栄養バランスは大事ですが、この時期はいったん忘れて食べることを優先した方が良い場合もあります。

流産の危険が最も高い時期

つわりもありますし、妊娠中で最もつらい時期の1つだと言えます。
流産の危険も高いですから、とにかく自分を大切にして過ごすようにしましょう。

おすすめの妊活サプリ比較に戻る

関連記事

    None Found