サプリメントの飲み合わせを確認する妊婦

飲み合わせや食べ合わせと言う言葉は聞いたことがあると思います。
しかし、多くの人が普段の生活で意識しているという事は、ないのではないでしょうか。
ですが、知っておけば役立つこともありますから、ご紹介します。

妊活サプリと薬の飲み合わせは医師に相談すると安心

まずサプリメントは食品に該当しますから、飲み合わせで成分が吸収されにくくなることはあっても、健康被害まで受けることは殆どありません。
ただ、飲み合わせの相手が薬だと、少し気を付けるべきことが増えてきます。
サプリメントの効果を弱める程度なら、大した問題でもないのですが、問題になるのは薬の効果を弱めてしまう組み合わせや、薬を体内に留めてしまい副作用のリスクを高めてしまう組み合わせです。

時に大きな健康被害につながる可能性があるため、何か病院から薬をもらっている費と言う人は、個人で判断するのではなくて、医師に相談するようにしてください。
市販の薬の場合には、大きな副作用がないとわかっているものですから、安全性も高くそこまで神経質になることもありません。

サプリメント同士の飲み合わせで気を付けたいポイント

葉酸サプリとマカサプリや、葉酸サプリと亜鉛サプリの飲み合わせが、おすすめだと言われるのを見かけます。
前述通り食品同士ですから、どの組み合わせで摂っても、健康被害にあうという事はないでしょう。
そのため、気を付けたいのは過剰摂取です。サプリには、通常の食事で摂る以上の成分が入っていることは多いですから、2つのサプリに同じ成分が入っていると、摂りすぎるという事は十分にあり得ます。

特にビタミンA・D・Eは脂溶性ビタミンと言われ、身体に余剰成分が残りやすいですから、危険性が高いです。ビタミンAの1つレチノールは過剰摂取で、奇形児になる危険が高まりますから、妊娠中は特に注意してください。

サプリメントとその他の飲み合わせ

サプリメントは食事で摂ることが出来なかった、栄養を補うものですから、飲み合わせ・食べ合わせと言うよりも、食事に合わせてサプリメントを摂る量を変えるといいでしょう。
鉄が妊活に良いからと、鉄分の多いレバーをたくさん食べた後で、鉄分が入ったサプリも飲むといった事でもしない限り、問題になることも稀ですから、そこまで神経質になる必要はありません。

薬局で処方された薬は特に注意

サプリメントの飲み合わせで気を付けるべきは、薬です。
特に病院で処方してもらえる処方せん薬は、必ず医師に確認するようにしてください。
何かあってからでは、手遅れという事もあるかもしれません。