Pocket


妊活中にストレスを溜めこんでしまう女性

子供を作るために始める妊活は、初めは希望に満ちているかもしれません。
しかし妊活が長期になると、プレッシャーを感じるようになり、ストレスが溜まっていきます。中にはノイローゼになってしまう人もいるほどです。
そこで、妊活におけるストレスの原因について、考察しておきましょう。

成果が出ない場合は病院で検査をするのも手です

何年も不妊治療を行っている、何年も妊活をしているのに、子供が出来ないとだんだんとストレスになっていきます。特に一緒に妊活をしていた人が、妊娠したとなれば、なおさら焦りなどを感じてしまうでしょう。
まず妊活をはじめて半年ほどで焦りを感じている人もいますが、好条件を揃えたとしても妊娠率は25%に満たないとも言われるのが人間です。

何も問題がなくても、何年も子供が出来ない可能性はあります。
そうはいっても、何年にもなると不安にはなってくると思いますので、1年間は焦らずやってみて、駄目だったらストレスを感じるより前に、病院で検査をしてもらいましょう。

おすすめの妊活サプリランキングはこちら

経済的、時間的余裕のなさ

妊活も不妊治療を始めると金銭的負担が一気に大きくなります。

体外受精や顕微授精をしようと思ったら、1回当たりの料金は数十万円と言うレベルになりますから、月1回で1年続けたとしたら、100万円を簡単に超えてしまうでしょう。
ただし、不妊治療には助成金も出ますから、そういったものを活用ながら無理のない範囲で治療するようにしてください。

また年齢と言う時間制限があり特に女性は焦ってしまいがちですが、例えば30歳までに子供が欲しいと自分で決めてしまうとそれがプレッシャーになることもあります。
そのため、具体的な期限を自分で決めない方が良いかもしれません。

妊活中最もつらいのは周囲のプレッシャー?

妊活中、最も精神的につらいのが周りからのプレッシャーになるでしょう。
親から、早く孫の顔が見たいとか、いつ子供を作るんだという話を何気なくされるだけでもストレスを感じることになります。
親なりの気持ちはあるのかもしれませんが、あまりにも酷いようなら、妊活中は会わない、話さないというのも手です。

また夫婦間の考え方の違いは、時に親よりも厄介になります。
妻側としてはすぐにでも子供が欲しいのに、夫は子供は自然にできればいいと考えている場合、特に妻の方にストレスがたまります。
そうならないためにも、夫婦間で話し合って意見を一致させることが大切です。

前もって対策を

考えすぎるのは良くありませんが、妊活中はこういったストレスを受ける可能性が高いです。自分は大丈夫とは思わずに、妊活を始める前に対策を講じてみてください。

妊活中のプレッシャーに挫けない3つの方法


プレッシャーに挫けない3つの方法について

最初は夢があり、楽しい妊活かもしれませんが、なかなか妊娠できないと周りからどんどんプレッシャーをかけられることがあります。中には、自分自身を責めて、ストレスとためてしまう人もいるでしょう。
そんなプレッシャーに負けない方法を、いくつかご紹介します。

定期的にリラックスする時間を作りましょう

挫けそうになった時は、どうしてもイライラしたり、落ち込んだりしてしまいますよね。
そんな時に家に閉じこもってしまう、外に出たくないという人も多いと思いますが、それではマイナス感情が膨らむばかりです。
ですから、ベランダでもいいので緑の多い場所に行って、深呼吸をしてみましょう。
イライラしている時と言うのは呼吸が浅くなりがちですから、意識して深呼吸してみるとそれだけで少し気持ちが軽くなることも多いです。
また、毎日リラックスする時間を作ることで、日常的にストレスをためないようにできますし、何より追い詰められたときに自然と行動することもできるでしょう。

おすすめの妊活サプリ比較に戻る

何か趣味を見つけるのもおすすめです

ついつい考え込んでしまうときには、考え込まないような、気を紛らわせてくれる趣味を持っていると良いです。
妊活のために会社を辞めたという女性も珍しくありませんが、考える時間が増えると悪い方向へと考えてしまいがちです。
そのため、何も考えない時間を作るうえでも、趣味を見つけることをお勧めします。

どんな趣味でも問題はないと思いますが、読書や映画鑑賞の様にやったら終わりではなく、裁縫や絵描きなど形に残る物の方が達成感も得られるため、続けやすいでしょう。

思い切って休んでみることも大事になります

追い詰められて、心身に不調をきたすと、妊娠する確率も低くなってしまいます。
しかし、妊娠できる可能性は大体月に1度しかなく、それを逃すと次は1か月先になりますから、プレッシャーになりますよね。
それなのに、休んでしまうなんてもってのほかだ、と考える人もいるかもしれません。

ですが、ストレスのあまり体調を崩してしまうと、元も子もありませんし、そうなるよりは気持ちをリセットする意味も込めて休んでしまった方がマシです。
休みを入れて気持ちをリセットしたうえで、また妊活についても考え直すことが出来ますから、惰性や義務感で続けるよりは建設的な活動が出来るのではないでしょうか。

自分が健康でいる事が何よりの妊活

妊娠したいと思うのであれば、まずは自分の健康が大切です。
子供が欲しいという気持ちや周りからのプレッシャーだけで、自分を顧みなければ、妊娠することが出来ても、その先が続かないでしょう。

おすすめの妊活サプリ比較に戻る

関連記事

    None Found