出産後に気を付けたい事について

大変だった妊娠期間も、出産してかわいい子供の顔を見ることが出来た終わり、だと考えている人もいるのではないでしょうか。
ですが出産後も、身体が本調子に戻るまでには時間がかかります。
そのことを、夫婦がそろって理解できるようにしたいものですね。

出産後の変化は肥立ち期間

妊娠中は女性の体に大きな変化が起こっていたのは、見た目にもわかるはずです。
それが元に戻るには、それなりの時間がかかるのは、考えたらわかるのではないでしょうか。見た目以外にも、妊娠・出産と大量のエネルギーを使いますし、ホルモンバランスだって変わります。

ですから、見た目の変化以上に元に戻るのには時間がかかります。
具体的には、子宮復古と言って大きくなっていた子宮が元に戻る必要がありますし、それに伴って後陣痛が襲ってきます。
子宮や産道の出血や分泌物の悪露も出るようになり、こういった過程を経て元の体調に戻っていくのです。

肥立ちの期間は身体を休ませることが大切

肥立ちは一般に6~8週間かかりますから、大体2か月程度は本調子に戻らないと考えておくと良いでしょう。
肥立ち期間中は、とにかく体をゆっくり休ませることが大切です。
家事なども、出来るだけ周りの人に甘えて、睡眠時間を確保してください。

細菌感染を予防するために、血が混ざった悪露が出ている間は、入浴はせずにシャワーで済ませるようにしましょう。
また回復のためには、栄養が大切です。タンパク質やカルシウム、鉄分などを積極的に取り入れながらも、バランスのとれた食事を意識します。

産後の時期に起こりうるトラブル

少し触れましたが、傷がある子宮や産道から細菌感染すると、39度もの熱が出ることがあります。これを産褥熱と言います。
また、悪露が長く続いていると、子宮がなかなか元に戻らない、子宮復古不全かもしれません。
話として良く聞いていると思いますが、産後鬱と言うのもあります。

産後鬱になると、食欲不振や不眠、気持ちの落ち込みなど、自分ではコントロールできない精神状態に陥ります。
妊娠中のホルモンバランスから、妊娠前のものに戻ることがその原因と言われて、自分ではどうしようもできないことが多いです。
そのため、事前に夫や身内に話しておき、ひどい時には病院に連れて行ってもらうように伝えておきましょう。

出産後は妊娠中くらい自分をいたわって

妊娠中は無理をしないように生活をしてきたと思います。
そのような生活を、出産後も自分の体調が戻るまでは続けるようにしてください。
またそういった生活が出来るように、周りにサポートしてもらうように言っておくと良いでしょう。