出産後の続きをする夫婦

出産したらそれで終わりではなく、むしろそこからがスタートラインになります。ではスタートしてからまず何をしたらいいのか、子育てはもちろんですが、たくさんの手続きをしないといけません。今回は、子供が生まれてから行うべき手続きをご紹介します。

子供が生まれたらまず出生届を出す

子供が生まれたら、そのことを役所に届け出ないといけません。それが出生届です。
期限は出産後14日以内ですから、案外すぐにやってきます。
無事に出産後終わった喜びの後に、親族に報告しているとあっという間です。
出生届は出さないと、罰金を科せられることがありますので、後回しにするのは止めましょう。

必要になるものは、出生届・出生証明書・届出人の印鑑・母子手帳です。
多くの病院では出生届を用意して、病院が記入すべきところは記入してしまっています。
もしも準備してくれなければ、出生届・出生証明書を準備して、出生証明書を病院に記入してもらう必要がありますから、事前に確認しておきましょう。

提出先は住民票のある市区町村の役所か、出生した地域の市区町村役場です。

おすすめの妊活サプリを見る

子供を保険に加入させるのも大事です

日本は国民皆保険で、全員が保険に入っている必要があります。それは、新生児も同じことです。原則1か月健診までに手続きをしておく必要があります。
加入と言っても、両親どちらかの保険に扶養として入れてもらうわけですが、共働きなら収入が多い方に加入するのが一般的です。

必要なものは届出人の印鑑・母子手帳・健康保険証。出生届のコピーなどです。
勤め先によって、必要なものが変わりますから、確認しておきましょう。
自営業の国民健康保険なら、住民票のある役所で手続き、健康保険なら勤め先の窓口での手続きになります。

その他控除や手当などは出産前に確認しましょう

上記のほかにも、児童手当金や医療費控除、育児休業給付金、出産手当金など多くの出産に伴う手当や控除があります。
しかし、どれも手続きをしないと、受けることはできません。
期間が2年以内など長いものもありますが、出産1か月以内に手続きしないといけないものも多いですから、自分たちがどの手当を受けることが出来るのか、出産前に確認しておきましょう。

出来る事なら、出産後提出するだけの段階にしておきたいところです。

手続きは出来れば父親がする事を推奨します

多くの場合、子供は父親の保険に入ることになると思います。
そうなると、手続きは父親がしないといけませんから、他の手続きも一緒にしてしまえば無駄がありません。それに、母親は出産後2か月程度は、肥立ちの時期で体調が戻っていませんから、父親がやった方がスムーズですし、その後の家族関係も良い物になるでしょう。

おすすめの妊活サプリの口コミはこちら

関連記事

    None Found