葉酸以外の成分も摂取する

葉酸は妊娠初期に起こる、胎児の先天的な障害のリスクを下げるために飲むもので、劇的に妊活が上手くいくようなものではありません。
そのため、葉酸だけを摂取するよりも、妊娠に効果がある成分も一緒に摂った方が妊活は上手くいくでしょう。葉酸も妊活成分も欲しい人にお勧めなのが、kodakaraです。

kodakaraは妊活のサポートに特化したサプリメント

葉酸サプリは、妊娠後も飲み続けるようなものが多いのですが、kodakaraは妊娠後よりも、妊娠するまで飲み続けたいサプリメントです。
その理由として、含有成分が、生理に関する不調や疲れやすさ、冷え性対策など妊娠しやすい体を作るサポートをする成分が多いからです。
逆に妊娠後に欲しいような、鉄分やカルシウムなどはあまり配合されておらず、葉酸も妊娠中期以降は、妊娠初期ほど必要にはなりません。

一応鉄分は入っているようですが、具体的な配合量は分かりませんでしたし、カルシウムに至っては、配合されていないようです。
そのため、妊娠するまではkodakaraを使い、妊娠した後もサプリを使うのであれば、他のサプリを使った方が良いでしょう。

kodakaraの原料と効果について

葉酸サプリですから、葉酸は厚生労働省が推奨している400μgしっかり入っています。
それから、ローヤルゼリーが体力回復や美容効果、抗老化作用があります。
ナットーキナーゼはコレステロールの低減や整腸作用、活性酸素除去と言った効果がありますし、Αリポ酸は脂肪や毒素を体外に追いやって、強力な抗酸化作用と疲労回復効果を持っています。

妊活に良いと注目されているコエンザイムQ10は、抗酸化作用・抗糖尿病作用・抗心筋梗塞・美容効果と言った効果です。
冷え性対策に、トウガラシやショウガ等も含まれています。

値段が高いだけの効果が期待できます

kodakaraは通常価格17800円と妊活サプリの中でも、かなり高いといえるレベルです。
この値段で6か月分以上買えるような妊活サプリも、見つかる事でしょう。
定期購入をした場合、初回は2980円になりますが、2回目以降は7980円と妊活サプリとしてみると高い水準である事には変わりありません。

しかし、値段が高いだけの効果はあり、早い人だと1週間で体の変化を感じることが出来るのだそうです。
値段を気にしないというのであれば、一度使ってみても良いのではないでしょうか。

自分に合わせたサプリメント選びを

子供が生まれるまでには、妊娠するまで、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期と必要になる栄養素が異なりますから、サプリも合わせてみてはどうでしょうか。