飲み合わせの影響に対する疑問

一緒に摂取すると相乗効果で、より良い効果を発揮してくれるものがあります。
ですが、逆に一緒に摂る事で、体に悪影響を及ぼすものもあると考えられます。
そういったものを、飲み合わせとか食べ合わせなどと言いますが、葉酸サプリの飲み合わせについて調べてみました。

サプリメント同士の飲み合わせは成分を確認すること

例えば葉酸サプリとマカサプリを一緒に摂って、大丈夫かと言った話です。
結論から話すと、どのサプリと組み合わせたとしても、大きな問題にはならないでしょう。
サプリメントは健康食品ですから、よほどのことがない限り、健康被害を受けることはありません。

ただし、葉酸サプリやマカサプリと言った妊活向けのサプリなどでは、1つの錠剤に多くの成分を含んでいることが多いです。
そのため、成分をちゃんと確認していないと、気が付かないうちに過剰摂取をしてしまうかもしれません。

薬との飲み合わせで効果を阻害する可能性も

サプリ同士よりも気を付けたいのが、薬との組み合わせです。
サプリメントの効果が悪影響を及ぼすというよりも、薬の効果が望まない方向に変わる可能性があるからですね。
いくつか飲み合わせが良くないものを挙げてみると、解熱剤に使われるアスピリン、感染症治療で使われるトリメトプリム、関節リウマチ治療薬などのメトトレキサートなどは、葉酸の効果を阻害してしまいます。

月経不順で使われるピル、利尿・血圧降下剤のトリアムテレン、高コレストロール血症降下剤のコレスチラミンなどが葉酸の吸収を妨げます。
アスピリンは、市販の風邪薬にも使われますから、注意したいですね。

薬との飲み合わせによっては副作用が強まる事も?!

飲み合わせが良くないといっても、上記の薬に関しては、葉酸の効果に関するものですから、そこまで大きな問題にはならないでしょう。
決して良いとは言いませんが、少なくとも健康被害を受けることはないはずです。
しかしこれから紹介するものに関しては、薬の効果に影響してきますから、より注意が必要です。

まずは抗てんかん薬のフェニトインですが、葉酸と一緒に摂ると排出が促されて、すぐに体外に出て行ってしまいます。
本来の効果を発揮しきる前に出ていきますから、フェニトインの方の効果が悪くなります。
それから、がん治療薬として使われる、フルオロウラシルやカペシタビンは葉酸と摂取すると排出が遅延されます。

するとフェニトインとは逆に、長い間体にとどまり、働き続けてしまいますから、副作用が強まる恐れがあります。

できれば医師と相談して摂取しましょう

薬との組み合わせは、素人判断だと重大な結果になる恐れがあります。
子供のためにも、自分のためにも、薬と併用したいときには、医師に相談してから使うようにしてください。

関連記事

    None Found