石油から作られているって本当?

妊活で子供を作ろうと考えている以上、自分の健康にも気を使う必要があります。ですから、飲むサプリメントにも気を配りたいところです。
妊活サプリの中でも特に有名な葉酸サプリですが、その葉酸が石油で作られているという話を聞いたことはありませんか。

葉酸サプリは石油からできているのか

多くの葉酸サプリの葉酸は、元をたどれば石油に行きつく、と言うのは否定できないです。
葉酸にはモノグルタミン酸型葉酸とポリグルタミン酸型葉酸があり、前者の場合には石油から作られたといえるでしょう。
モノグルタミン酸型葉酸は合成葉酸とも言いますから、よりイメージがわきやすいかもしれませんね。

中には微生物などからモノグルタミン酸型葉酸を作った、と言うところもあるみたいですから、全てが石油と言うわけでもないかもしれませんが、大手でも石油由来のものを使っているというのが現実です。

石油だから健康に悪いというわけではない

多くの人のイメージとして、天然が良くて、人工が悪いというのがあるのではないでしょうか。
その中で石油製品全てが悪いものだ、と考えている人も少なくないと思います。
しかし、石油がもとになっているとはいえ、石油を食べているわけではありません。

むしろ、石油も天然資源ですし、身の回りで飲まれている薬も、石油由来であることは少なくないでしょう。
薬が飲めて、サプリが飲めないという事はないと思います。
また石油由来に葉酸を飲むと、喘息になるという話もありますが、正確な情報ではないようです。

それから天然物が絶対に良いわけではありません。
アレルギーがある人もいますし、フグなどは知識を持って調理しないと毒にやられてしまうでしょう。フグに限らず、毒をもつ動植物は少なくないです。

そもそも厚生労働省が推奨している

モノグルタミン酸型葉酸を、妊娠3か月まで続けるようにと、厚生労働省が推奨しています。
モノグルタミン酸型葉酸という事は、サプリメントから摂るようにと言っているのと変わりません。
石油製品に問題があるのであれば、そのことに関して、なにかしらの警告があるはずです。

石油=悪いと決めつけない事が大事

悪い石油製品があるのは確かですが、全てが悪いわけではありません。
逆に天然だからと言って、全てが良いわけでもありません。原料が何かよりも、作られる過程できちんと安全性が保障されている方が、大事かもしれません。