効果的な飲み方を実践しよう

妊活のためのサプリメントを始めた、と言う人も少なからずいると思います。
では、そのサプリはいつまで続ければいいのか、ご存知でしょうか。
健康のためにずっと使い続けるとか、妊娠するまで等あると個人の判断はあると思いますが、葉酸サプリに関しては少し特殊なので説明したいと思います。

妊娠前1ヶ月~妊娠後3ヶ月

調べてみると葉酸サプリは、妊娠前1か月~妊娠後3か月の間続ければいいとも言われます。
この期間が、厚生労働省が推奨している期間でもありますから、それなりに理にかなった時期なのですが、どうしてかご存知でしょうか。
その理由は「神経管閉鎖障害」にあります。

神経管閉鎖障害は、脳や脊髄などにかかわる先天的な障害で、脳や脊髄が作られる妊娠初期で発症するかどうかが決まります。
モノグルタミン酸型葉酸を、通常必要な葉酸に加えて400μg摂取することで、発生するリスクを70%も引き下げるため、推奨しているのです。
妊娠前から摂取する必要があるのは、妊娠したことに気が付かない人もいるからです。

そうでなくても、産婦人科に行くのは、生理が来なかったからと言う人が多く、すでに妊娠5週は立っていることが多いです。
その段階では、遅いと言われていますから、妊活を始めようと決めた段階で使い始めることをお勧めします。

妊娠~出産まで

上記はあくまでも、特に葉酸が必要な時期ですから、最低限この間は葉酸を飲んでおいた方が良いです。
しかし、妊娠3か月を過ぎた4か月目以降に、葉酸が不要になるわけではありません。
妊娠とは関係なく、日常生活の中でも葉酸は必要ですが、妊娠中(3か月目までは除く)はそれに加えて240μg多く葉酸を摂る事が望まれています。

通常時に必要な葉酸の量が、240μgですから、合計480μg必要になるわけです。
日本人の平均葉酸摂取量が250μgより前後ですから、単純に考えて倍くらい食べないといけません。
その量を食べるのも大変ですから、サプリメントで摂ってしまうのも良いでしょう。

出産~授乳終了まで

通常よりも葉酸が多く必要なのは、実は授乳終了までです。
妊娠中よりも少なくはなりますが、それでも1日に計340μgの葉酸を摂るように言われています。
サプリメントで摂ると、必要量を大きく超えてしまう部分はありますが、それでも足りないようであるなら、サプリメントで摂っても大丈夫です。

飲み続けても過剰摂取にはならない

よくある1日400μgのサプリメントを授乳終了まで飲み続けたとしても、耐容上限量を超えることは殆どありません。
そのため、たくさん食べられないとか、太りたくないという人は、葉酸サプリを続けてるのもいいでしょう。